Self nail

種類が豊富なので選び方紹介します

ネイルの種類にはたくさんのものがあります。
ポリッシュと呼ばれる普通のネイルカラー、ジェルネイル、アクリルネイルと塗るネイルカラーの種類でも違います。また、ネイルアートの種類でもたくさんあります。
爪先を白やベースカラーと違う色で塗るフレンチネイル、水玉模様を作るドットネイル、爪の中央から爪先にかけて色の濃淡をつけるグラデーションネイル、マーブル模様を作るマーブルネイル、孔雀の羽のように模様をあしらうピーコックネイルなどたくさんの種類があります。

エアーブラシや筆を使って絵を入れるエアーブラシネイルやアートネイル、根元から爪の真ん中にかけてグラデーションを作るシロップネイルやドロップネイルもあります。
普通のネイルカラーでネイルアートを作る場合は自然乾燥させますが、ジェルネイルはUVライトを当てて硬化させる種類のネイルになります。
爪の長さが短い場合、アクリルネイルでスカルプチュアという方法を取ることも出来ますし、ネイルチップで爪に貼り付ける方法のネイルアートもあります。

ネイルの種類は沢山

このように、ネイルの種類は千差万別です。ネイルカラーの組み合わせを考えても、フレンチネイルだけでも星の数ほどの種類があることになります。
これにストーンやグリッター、ホログラムをあしらえば、さらに種類は増えていきます。たくさんのネイルの種類から、自分に合ったものを選ぶのは難しいかもしれませんが、ネイルは何度でも塗りなおしができますから、いろいろなネイルアートにチャレンジしてみましょう。