Self nail

甘皮処理のやり方の説明をしていきます

ネイルケアをする際、甘皮処理はとても大切な部分です。
甘皮(キューティクル)処理をきちんとする事で、カラーやジェルの保ちも良くなり、健康的な爪の成長を助ける事ができます。

甘皮処理のやり方は、まず、甘皮(キューティクル)の部分に、キューティクルリムーバーを塗ります。
キューティクルリムーバーを塗ると、甘皮がやわらかくなり、余分なルースキューティクルが取りやすくなります。

次に、フィンガーボールに入った40度くらいのお湯に指を10分くらい浸し、角質を軟らかくします。
お湯はぬるくなってきたら交換するようにします。角質が軟らかくなったら、甘皮処理専用の器具、キューティクルプッシャーやオレンジウッドスティックなどでキューティクル(甘皮)を押し上げていきます。

最後に、ルースキューティクルをキレイに取り除き、キレイに整えていきます。

定期的にケアしましょう

甘皮処理は、1週間~2週間に1度くらいの割合で行っていくと、キレイな指を作る事ができ、健康な爪が育ちます。何事もそうですが、ネイルの場合も、土台となる爪が健康でないといけないですよね。
きちんとお手入れをすることで、キレイなネイルが仕上がります。

甘皮を取りすぎてしまったり、皮膚に傷をつけてしまったりすると、細菌が入ってしまったり、膿んで痛みが出てしまったりします。
変色してしまって、ネイルアートどころではなくなりますから、気をつけて行ってくださいね。甘皮処理は、自分でも出来ますが、せっかくですから、ネイリストさんにお任せしてしまうと良いですね。