Self nail

注意点をジェルネイル施術で説明

ネイルサロンの主要ネイルといえば、いまはジェルネイルが一番の人気を誇っています。
ネイルアートが出始めたころは、ごてごての3Dアートをつけたり、ラメや派手なカラーリングでネイルを目立たせるのが流行っていましたが、最近のネイルの流行は、いかに自分の爪に優しくて、仕上がりもナチュラルかというので選んでいる人が増えているみたいですね。
ですから、他の付け爪よりも自爪に優しいジェルネイルが人気になるのは、当たり前なのかもしれません。

ただし、ジェルネイルと呼ばれているものすべてが爪に優しい訳ではなく、ジェルネイルでもハードジェルは硬化度が高いので、ソークオフする時リムーバーではなく削って落とさなくてはいけないので、爪に優しいとはいえませんね。

ジェルネイルの特徴を知っておくことが大切

ジェルネイルをするときの注意点としては、まず、自分がどんな目的でジェルネイルをするのかをきちんと把握しておかないと、イメージと違うものになってしまう可能性があるということです。
自爪を補強するためのジェルネイルならば、ソフトジェルで充分です。ネイリストさんに勧められるままに施術してしまうと、やらなくていいことまでしてしまうかもしれないので、注意点を思い出して、自分の希望をネイリストさんにちゃんと伝えましょう。

もし、ネイリストさんにお任せするのであれば、逆にジェルネイルを付ける上での注意点を確認するようにしましょう。
ネイルというのは、いろんな注意点を意識していないと、意外なトラブルになったりするので、気をつけてください。