Self nail

上手にペディキュアを塗るコツ

ペディキュアと言うのは、足の爪に塗るネイルなので、手の爪にネイルを塗るよりは少々難しいものですね。
まず、ペディキュアを上手にするコツは、指と指の間にものを挟むことです。
足の指というのは、どうしてもくっついてしまいがちなので、ペディキュアをする時は開いておかないと、指が爪に重なってしまいます。

ペディキュアを塗るときのためのセパレートも売っていますが、もし自宅に無い場合は、少し太めのペンなどで代用してもいいでしょう。足の指を開いたら、次のコツは、爪の汚れや脂分を取ることです。
これは、手の爪にネイルを塗るときのコツと共通していますが、ペディキュアをするときには意外と忘れてしまうので、気をつけましょう。

爪の表面が汚れてしまっていると、ペディキュアが綺麗に塗れません。
もし余裕があれば、甘皮の処理をしておくのも、ペディキュアを上手にするコツです。足の爪というのは面積が狭いので、甘皮を処理して面積を広くすれば、ペディキュアも映えます。あとは、ベースコートとネイルを丁寧に塗って、仕上げにトップコートを塗れば完成です。

手のネイルと基本は一緒

つまり、ペディキュアを上手にするコツというのは、手の爪のネイルを上手にするコツとほとんど同じです。
唯一違うコツをあげるとすれば、体の柔軟性をよくしておいて、ペディキュアをするときに出来るだけ近くで塗れるようにしておくと、はみ出た部分の処理や、塗りそびれている部分がきちんと分かるので、綺麗に仕上げることが出来るでしょう。