Self nail

リフト防止策をジェルネイルで説明

ジェルネイルは爪に優しくて、ネイルチップよりは爪にぴったりとフィットして取れにくいというのが特徴ですよね。どんな付け爪でもそうですが、すぐにリペア出来ない状況なのに、付け爪が取れてしまうと、みっともないですし恥ずかしいですよね。
もちろん、ジェルネイルをつけている人は、常に指先を酷使しないように気をつけている方が多いと思います。
でも、どんなに剥がれないように気をつけていても、ジェルネイルを装着してからある程度の期間がたつと、剥がれたりはしなくてもリフトしてしまうのが悩みですよね。

リフトというのは、ジェルネイルが浮き上がって、自爪から剥がれていってしまうことです。
人によっては、爪の先端からリフトしたり、爪の根元からリフトしてくることがあるようです。これは個人差もありますが、どうしても水仕事が多かったり、爪の先を使う作業がおおかったりすると浮いてきてしまうようです。

リフトした時の対処法・防止策

リフトした場合、基本的にはネイルサロンに行って、リフトした部分をリペアしてもらいます。
でも、リペアにも費用がかかりますし、忙しい中で、ジェルネイルのリペアのためにお出かけするのも大変です。ですから、普段からジェルネイルのリフト防止策を行うのが肝心です。

ジェルネイルのリフト防止策は、手先を使わないようにする、というのが一番確実ですが、毎日の生活の中で、あまり行動に制限があると面倒ですよね。
そこで、ジェルネイルをつける時にリフト防止策をしておくのがお勧めです。
ジェルネイルをするときは、ジェルをいきなり爪に塗っていくのではなく、プライマーというジェルネイル用のベースコートを塗ります。
ベースコートにはたくさんの種類がありますが、自爪とジェルを密着させることで、ジェルネイルのリフトを防ぐ効果が高いものもあります。ジェルネイルのリフト防止策は、事前の処理も大事ということですね。