Self nail

ハンドケアの方法を一部紹介します

皆さんは、ハンドケアをきちんとしていますか?
色々なハンドケアの方法がありますよね。
最近は、ネイル(爪)のケアをしている人は多いと思いますが、手の部分のケアがおろそかになっている人も多いようです。

お顔と同じように、手のケアも毎日したいですね。指先、手というのは、意外と人の目につきやすいところです。
特に、家事など水を頻繁に使う方は、水を使うたびに、手の水分や油分が奪われてしまい、手荒れがひどくなりがちです。血行が悪くなる冬場は、指先などの末端部分は特に手荒れがひどくなってしまいますので、気をつけてケアしていきたいですね。<

セルフハンドケアの方法

自分で出来るハンドケアの方法としては、マッサージクリームで肘から手首まで、手の平、手の甲、指の間をもみほぐしたり、蒸しタオルで血行を促進したりという方法があります。
指一本ずつ、指先から根元に向かってマッサージしましょう。夜眠る時には、ハンドクリームをたっぷりつけて、手袋をすると良いですよ。

また、お風呂上りなどは、いつもお顔に使っている化粧水を、手や腕にも付けると効果がUPします。
ハンドケアの方法は難しいものではありませんが、面倒だと思っておろそかにしてしまうと、とてもひどい手荒れになってしまったり、シワシワになってしまったり、しみができてしまったり、お顔ばかりアンチエイジングに気をつけていても、手にも年齢って出てしまうものです。
毎日の習慣で、若々しいハンドを保つ事ができますから、毎日出来る簡単なハンドケア方法を続けて、いつまでも若々しいハンドを保ちましょう。