Self nail

ネイルチップとスカルプの違いについて

スカルプチュアもネイルチップも、人工の付け爪という意味でのくくりは一緒ですが、装着方法や作り方などは、スカルプチュアもネイルチップも全く違います。
スカルプチュアとネイルチップの違いは、基本からして違うので、比べ物になりません。

ネイルチップというのは、最初からサイズも形や長さも決まっています。市販で売られているネイルチップはクリアなものやカラーリングされているもの、ネイルアートもされているものがあります。

ですから、ネイルチップを選ぶ場合は、自分でネイルアートをするのであれば、無地のネイルチップを買いますし、すぐに着けて手軽にネイルアートを楽しみたいのであれば、ネイルアートがされているネイルチップを買えばいいだけです
装着方法は、両面テープかネイルグルーというネイル用接着剤です。どちらでも好きな方を使って、ネイルチップを装着すれば、もう出来上がりです。

スカルプチュアの場合

スカルプチュアは、ほとんどネイルサロンで施術するのが一般的です。
自爪に合わせて、アクリルで長さを作っていくのですが、ネイルチップとの違いは自分の爪がベースなのでサイズがぴったり合って、ネイルが浮いたりしないことですね。
また、施術時間もスカルプチュアは2時間近くかかるので、すぐに装着出来てしまうネイルチップとはかなり違います。

でも、その分強度が高いので、ネイルチップと違って、水仕事や力仕事をしても、折れたり取れたりすることが少ないです。
スカルプチュアとネイルチップの違いというのは、細かい部分でほとんど違いますが、一番違うところは、爪の丈夫さではないでしょうか。