Self nail

トップコートをカルジェルの場合の塗り方

カルジェルというのは、専用の溶液を使えば簡単に落とすことが出来る最新のジェルネイルで、ヨーロッパを中心にイギリスなどでも人気があります。
日本でも、最近どんどん人気が出てきて、カルジェルをメニューに加えるネイルサロンも増えてきています。
ただ、カルジェルは、他のジェルネイルのように簡単に、材料を仕入れたりすることが出来ないシステムになっています。

カルジェルを仕入れるには?

カルジェルの材料を仕入れるためには、カルジェル専門のスクールに在籍しているか、卒業していなければいけないので、たとえネイル検定1級を持っていたとしても、カルジェルスクールに通わなければ、材料を仕入れることが出来ません。

カルジェルのスクールを修了すれば、カルジェルの材料を仕入れるのはもちろん、カルジェルを施術することも可能です。

カルジェルの人気の秘密はいろいろありますが、お手入が簡単というのも理由のひとつですね。
カルジェルのお手入方法は、専用のトップコートを週に1回塗るだけです。他の付け爪のメンテナンスは、ネイルサロンに行ってやってもらわなくてはいけませんが、カルジェルはトップコートを塗るだけなので、とても経済的です。
しかも、トップコートの塗り方も難しいわけではなく、普通のマニキュアのトップコートの塗り方と同じです。
トップコートの塗り方は、真ん中を塗ってサイドを塗れば完成ですし、それだけで、カルジェル特有のつやが持続します。この塗り方だけで、3週間から5週間も持つのですから、ジェルネイルをするならカルジェルがいいですね。