Self nail

エディケーターライセンスを取得するには

カルジェルと言えば、自爪を傷めずに着け爪が出来るので爪に優しく、カルジェル自体が柔軟性を持っているので、ネイルアートがしやすく装着していても邪魔にならない、新しいタイプのジェルネイルのことで、今ではネイルサロンでの人気も高く注目を集めています。

そんなカルジェルを扱うためには、エディケーターライセンスという資格が必要です。
エディケーターライセンスというのは、カルジェルの商品を販売したり、講習や指導が出来る資格です。エディケーターライセンスの資格を取得するには、まず、カルジェルプレミアステイタスというカルジェル認定テクニシャンの資格を持っていなくてはいけません。カルジェルプレミアステイタスを取得するには、講習制度を受けてから、試験に合格しなければいけません。

このカルジェルプレミアステイタスのディプロマを取得してから、カルジェルの製造元がカリキュラムした講習を受講して終了すれば、いよいよエディケーターライセンス取得に挑戦できます。

試験について

エディケーターライセンスの試験は、基本的には筆記と技術の2つにわけて行われますが、規定が変わる場合があるので、事前にカルジェルジャパンのホームページで調べておくのが大切です。
ネイリストを目指すのに、エディケーターライセンスの資格が必ず必要と言うわけではありませんが、独立して開業するのを目指しているのであれば、カルジェルは需要が高いので、エディケーターライセンスを取得しておいた方がいいでしょう。