Self nail

べたつく原因は硬化時間によるもの

爪が折れやすい人や二枚爪などには、爪の補強が出来るバイオジェルがお勧めです。
バイオジェルというのは、もちろんネイルサロンでも出来ますし、道具さえ揃えれば、自宅でも意外と簡単に出来るので、バイオジェルのキットを買って、自分でバイオジェルをする人も多いようです。

バイオジェルのキットの中にはちゃんと説明書が入っているので、その通りにやっていけば、初心者の人でも出来てしまいます。忙しくてネイルサロンへ行く暇がない人や、お手ごろな価格でバイオジェルを試したいという人には、自分で出来るというのはとても便利ですよね。

なぜべたついてしまうの?

ただ、やはりネイルの資格を持っているネイリストとは違うので、どんなに説明書を読んでも、完璧に出来ない方もいるようです。バイオジェルの失敗で多いのが、べたつくことですね。
べたつく原因は何点か考えられますが、一番多いのは乾かし方が足りないというものです。
バイオジェルというのは、ジェルを爪に塗って、それをUVライトにあてて乾かすのですが、きちんと乾かさないとべたつく原因になります。

説明書にある時間を守るのも大事ですが、ジェルを良くかき混ぜるということも大事です。
また、バイオジェルをオフしたときにべたつくということもあると思いますが、その場合のべたつく原因のほとんどは、リムーバーをケチってしまうことです。
バイオジェルをオフするリムーバーは、たっぷりと使うようにしましょう。せっかく付け心地がいいと言われるバイオジェルなので、一手間を惜しまずに、丁寧に仕上げましょう。