Self nail

お手入れ方法の解説をバイオジェルでします

ネイルというのは、ネイルサロンで施術してもらうと、本当に綺麗に仕上がるのですが、その後のお手入というが意外と面倒なものです。そこで、今人気のあるジェルネイルがバイオジェルです。
バイオジェルというのは、正式名称がバイオスカルプチュアジェルネイルという人工爪のことで、透明なジェルを爪の上に筆で伸ばして、それにUVライトをあてて乾かして、爪を強化させるものです。

ジェルにはカラーやラメ入りの物もあるので、ネイルアートにはもちろん、自爪が弱い方も、補強のためにバイオジェルをしたりします。
バイオジェルは、いろんな面で他のジェルネイルよりも優れているのですが、なんといっても、ジェルネイルをする人のほとんどが面倒くさいと感じていた、お手入がほとんど不要というのが、一番の人気に秘密ではないでしょうか。

お手入れが簡単なのが嬉しい

1度バイオジェルをすれば、個人差はありますが、約3週間はお手入がいりません。
また、カルジェルなどは、自分でカルジェル専用のトップコートを定期的に塗らなくてはいけませんが、バイオジェルなら、そういうセルフのお手入も必要ありません。

ただし、いくらお手入がいらないとは言っても、乱暴に扱ってしまえば、取れるのも早くなります。普段から、甘皮部分を保湿したり、ネイルに負担がかからないように注意しましょう。
また、ネイルは基本的に水に弱いので、水仕事のときは手袋をするなど、出来るだけぬらさないようにすると、バイオジェルの輝きが長持ちしますよ。